心身共に必要な女性ホルモンを増やす方法|栄養を摂って健康的な体に

心と体に栄養を与えよう

悩む女性

心身共に働きかけを

女性ホルモンは一生を通じてわずかにティースプーン一杯程度しか分泌されないことがわかっていますが、このわずかな量が女性の体のバランスを絶妙な状態でコントロールしています。そのため、年齢と共に分泌が少なくなっていく女性ホルモンを増やす方法は、いくつか知っておく必要があるでしょう。一般的に閉経前の45歳ごろから、閉経後の55歳ごろまでの前後5年ずつ、合計10年間を更年期と呼んでいます。この時期になると女性ホルモンの分泌量は減ってきますので、積極的に補うことが大事です。その方法としてもっとも簡単なのが、サプリメントなどの健康食品を使う方法です。女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするとして知られる大豆イソフラボンは、大豆製品から摂取することができますが、毎日一定量を摂取するにはサプリメントを使うのが便利です。大豆製品を食べたときはサプリメントの量を減らすなどして、一日の摂取量を超えないようにすることも覚えておく必要があります。女性ホルモンを増やす方法としては、大豆イソフラボンではなく、エクオールという成分のサプリメントを摂るのも効果的だということがわかってきました。エクオールは体内で生産できる人とできない人の割合が2:1なので、作れない人は大豆イソフラボンを摂っても、女性ホルモンを増やす方法には結び付きません。この場合はダイレクトにエクオールを摂取する必要がありますので、事前に体内で作れるかどうかを調べてみるのもいいでしょう。心の面では、いつまでもドキドキと胸キュンすることが、女性ホルモンを増やす方法になります。アイドルやイケメン俳優を見るなどして、積極的にドキドキしたり、胸キュンしてみましょう。

粉末

必須アミノ酸と五大栄養素

スピルリナとは植物性プランクトンの一つで、体内をアルカリ性に保つ作用などが期待できる成分となっています。また豊富に栄養素が含まれているので免疫力を高めるだけでなく、便秘や貧血の改善・解消にも効果が期待出来ます。

胡麻

貴重な成分が摂取できる

セサミンはゴマに含まれる成分で抗酸化力が強く、さまざまな効果を持っていますが、これを食品だけで摂るのは難しいと言えます。これに対して、サントリーでは、セサミンをゴマから抽出する方法を開発し、サプリメントの形で効果的にこの栄養素を摂ることができるようにしました。

サプリメント

飲むだけで脂肪を減らす

ヘラスリムは葛の葉由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)の力によって飲むだけでおなかの脂肪を減らせると科学的に証明されています。臨床結果を消費者庁に提示して、機能性表示食品に定められていて公的にも効果が認められています。